髪質改善とトリートメントの違い!きれいな髪を取り戻そう

きれいな髪を取り戻すなら髪質改善を考えよう

昔はきれいな髪だったのに、いまではパサつきや広がり、枝毛や切れ毛が気になるという悩みを持つ方は多いです。髪の毛も空気の乾燥や紫外線のダメージを受けるし、パーマやカラーリングのダメージも大きいです。
もう一度サラサラの髪になりたい、という人から注目されているケアが髪質改善です。
⇒⇒⇒髪質改善といっても種類があったりします

髪質改善を行うには、スタイリストの方と相談しながら、髪の状態や髪質に合わせた方法でお手入れしてもらうことがおすすめです。髪質は一人一人違うので、どんなお手入れをするのがベストなのか、プロの眼で判断してもらいましょう。何からやっていいのかわからないなら特に、髪質改善を美容室でやってもらうのがベストです。
⇒⇒⇒くせ毛とかダメージヘアの髪質改善は専門的な力も必要となる

トリートメントと髪質改善の違い

髪の状態をよくしたい、と考えたときに思いつく方法が、トリートメントですよね。トリートメントと髪質改善はどう違うのでしょうか。
トリートメントは、髪の表面につけることでダメージを補修して、髪にツヤや潤いを与えてくれます。サロンでトリートメントを行ってもらうと、だいたい1か月くらいは効果を感じることができます。トリートメントの効果は、実施してすぐに感じられるので、嬉しいですね。
一方で髪質改善では、ケアの回数を重ねることで、髪の質をもとの状態に戻していくことです。時間はかかりますが、髪の内部に栄養を与えることで、ツヤや滑らかさを実感できるようになります。

髪質改善の方法とサロンに通うペース

髪質改善をサロンで受けるときには、まずはカウンセリングで髪の状態をチェックしてもらいましょう。髪質改善のために必要な薬剤を、それぞれのサロンが用意しています。髪に栄養や水分を補給してくれますよ。
髪質改善は1回だけで効果を実感する方もいますが、人によっては半年くらいかかることもあります。髪質改善に通うペースは、細い髪質の方なら1〜2か月くらいを目安にサロンに行きましょう。硬い髪質の方は、だいたい3か月くらいが目安になります。もちろん、担当してくれるスタイリストと相談して、理想的なペースを決めるといいですね。
⇒⇒⇒髪質改善のためにエステに通う

髪質改善に欠かす事が出来ない日常の髪の手入れ

髪質改善に効果のあるシャンプーやトリートメントの使い方

髪質を改善する為には、ご自身の髪や地肌の状態に合ったシャンプーやトリートメント等を使用する事も大切です。又、正しいシャンプーやトリートメントの使い方を理解しておく事で髪質の改善を図る事が出来ます。
⇒⇒⇒髪質改善にスカルプケア!頭皮が元気な髪を作ってくれる

シャンプーをする場合先ずやっておきたい事は、髪をきちんと濡らす事です。髪を濡らす場合は、3分位掛けて髪に付いたホコリや汚れを軽く洗い流し、髪にしっかりと水分を含ませます。次にシャンプーで大切なのは十分に泡立てる事で。しっかりと泡立てる事で、髪に付いた汚れや皮脂等をしっかりと落とす事が必要です。又、シャンプーには弱酸性シャンプーとアルカリシャンプーが有りますが、髪や地肌に良いとされるのは弱酸性シャンプーで、ご自身の髪や地肌に合うシャンプーを探しましょう。又、トリートメントは髪質のケアに欠かす事が出来ないドライヤーの熱から髪を守る働きを持っております。その為、使用後に洗い流しが不要なタイプのトリートメントがお薦めと言えます。

髪質改善に必要なタオルドライの方法

お風呂で髪を洗った後、タオルでゴシゴシと擦ったり洗ったままの髪の状態でそのまま寝てしまう人も多いと思いますが、洗った髪はきちんと水分を取りケアする事で髪質改善に繋げる事が出来ます。又、濡れた髪はキューティクルが剥がれ易い状態になっている為、余分な水分を取る必要が有ります。タオルドライの正しい方法は、髪を傷付けない様に弱めの力で拭く事が大切です。又、毛先を拭く場合は軽く叩き水分を取ります。更に、使用するタオルは、吸水性の高いタオルが望ましいです。

髪質改善に必要なドライヤーの使い方

洗った髪をドライヤーできちんと乾かす事も髪質改善には効果があります。しかし、ドライヤーを正しく使わない事で髪にダメージを与えてしまうので注意が必要です。正しいドライヤーの使い方は、上から下に向かって風を当て地肌から髪先に向かって乾かして行きます。又、ドライヤーの熱が1点に集中しない様にドライヤーを左右に振りながら風を当てます。又、濡れた髪は、髪を保護するキューティクルが水分によって開いた状態になっており、髪の痛みの原因になる為最後に冷風を当てキューティクルが閉まる様にしておく事が大切です。
⇒⇒⇒お金をかけずにお手軽ヘアケア!