髪質改善にスカルプケア!頭皮が元気な髪を作ってくれる

髪質改善と頭皮ケアの関係

頭皮ケアは年齢を重ねた人がやるものというイメージがありますね。
しかし、頭皮は髪を作る土台になっている部分ですから、頭皮が正常な状態でないと髪にも影響してしまいます。
髪にうねりが出たり乾燥してパサパサになったりなど、ヘアダメージも進みやすくなります。
いくら効果のあるトリートメントなどでヘアケアしてあげても、大元の頭皮の状態が悪ければ髪質は改善してくれません。
ヘッドスパに行くのも効果的ですが、日常的に家でできるセルフケアにも力を入れましょう。

頭皮クレンジングで毛穴汚れを落とす

頭皮は顔のTゾーンよりも皮脂が出ていますし、髪の毛で毛穴が隠れています。
毛穴に汚れが詰まりやすく、頭皮の状態を悪くしてしまいます。
そんな頭皮の毛穴に詰まった汚れを、すっきりと落とせるのが頭皮クレンジングです。
専用のクレンジング剤もありますが、美容オイルなどを上手に活用してあげましょう。
頭皮をしっかりとオイルでマッサージした後、10分ほど温めて放置するだけで、毛穴汚れが浮き上がってきます。
ヘッドスパに行かなくても頭皮がすっきりして、ハリツヤのある髪になりやすいですね。

頭皮美容液で頭皮の血行促進

頭皮美容液を使ってマッサージし、頭皮の血行をよくしてあげましょう。
頭皮の血流がよくなれば髪を作る細胞などに、しっかりと栄養や酸素を届けやすくなります。
健やかで元気な髪の毛が作られて、髪質改善になりますね。
何より頭皮がすっきりしてたっぷり栄養が与えられますから、リラックス効果も高くなります。
また、顔の皮膚と頭皮はつながっていますから、頭皮マッサージでフェイスラインの引き締めにもなります。
たるみ防止や小顔にも期待できて、一石二鳥ですね。

髪質改善といっても種類があったりします

髪質改善をしたい時は有名なサロンや美容院に行こう

専門的な髪質改善の施術とかを受けたい時は名が知られていて有名なサロンとか美容院に行くのがベストであり、近場にそういった場所がない場合はそれなりに有名なところでもいいので足を運ぶのがおすすめとなっています。髪質改善というのはプロのスタイリストや美容師の力を借りないといけないため、施術はしっかりと受けておいたほうがいいです。個人的にも髪質改善の対策はできるようになっていたりしますが、細かな部分はスタイリストや美容師の方に任せるのが一番無難となっております。

髪質改善には種類があるから覚えておきましょう

美容院とかサロンにて髪質改善の施術を受ける際は髪質改善を行うための施術方法に種類があるため、きちんと美容師かスタイリストの方に質疑応答を行いつつ、適切な対応方法うや施術方法を決めていくのがいいです。なりふり構わずに施術を受けても意味がないので、必ず話し合いをしてから施術を受けるようにお願いします。髪質改善を行うための施術方法については髪の毛を綺麗に見せたい場合は髪質改善を含めたトリートメント&カラーがおすすめであり、髪の毛を扱いやすくしたい場合は髪質改善を含めた縮毛矯正やストレートパーマをかけたりするのがいいです。

そして、髪の毛を出来るだけ痛めない様にしたい場合はトリートメントとか縮毛矯正などをコラボした施術がおすすめとなっています。

費用をかけてでも髪質改善はしたほうが良い

髪質改善は多くのメリットを得られるようになっているため、費用をかけてでもやっておいたほうが良いことであるので頭皮とか髪の毛に悩みを抱えている方とかは一度、美容院とかサロンに足を運びスタイリストや美容師の方に相談してみることをおすすめします。その際に髪質改善対策でいいのかについての話も行い、話がしっかりとまとまり、髪質改善を受けようと思ったらすぐに動き出すのがおすすめであります。髪質改善対策以外にも髪の毛や頭皮をよくする方法はあるため、安心するようにお願いします。

くせ毛とかダメージヘアの髪質改善は専門的な力も必要となる

プロの方に頭皮や髪の毛の状態を見てもらう必要もある

ダメージヘアとかくせ毛とかは何かしら原因で起きているため、美容院とかサロンにてプロの方にチェックをしてもらう必要があり、頭皮とか髪の毛の状態によって施術方法とかも異なってくるので細かなチェックを受け、カウンセリングとかをしつつ、髪質改善対策について計画的に作戦を練っていいく必要があります。プロの方であれば対応方法とかもしっかりと提案してくれますしアドバイスとかも適切であるので安心できます。髪質改善は種類があるため、話し合いながら適切な方法を見つけていくことになります。

ダメージヘアとかくせ毛の髪質改善は多少ですがデメリットも生じる

美容院とかサロンにて髪質改善の対策を受けた時はメリットも多く得られるようになっておりますが、多少ですがデメリットも生じることになるので把握しておく必要があり、そのデメリットというのは髪の毛とか頭皮とかに少しばかりダメージが残ってしまうこととか、ニオイとかも多少残るのではじめは違和感とかを感じることがあるかと思うけど、ニオイとかは時間が経てば消えていくのでいいのですが、頭皮とか髪の毛に受けたちょっとしたダメージは残るので個人的にもケアをしていく必要があります。

個人的にも髪質改善対策をしていく必要もあります

美容院とかサロンにて髪質改善の対策を受けた後とかは、次の施術を受ける日までにしっかりと効果を持続させておかないといけないため、日頃からしっかりと個人的にもケアとか髪質改善の対策をとっていく必要があったりします。ダメージヘアとかくせ毛とかは時間が経つと徐々に蓄積していき、日頃からの努力がないともとに戻ってしまうこともあるのでせっかくプロの方から受けた施術が水の泡になってしまうため、個人的にもヘアケアグッズとかアイテムを使いつつシャンプーとかリンスにもこだわり、生活習慣を規則正しくしつつ、睡眠もしっかりととり、日頃からの生活をしっかりと過ごしていく必要があります。

お金をかけずにお手軽ヘアケア!

お金をかけず手軽に!炭酸水ヘアケア

コンビニやスーパー等でも見かける炭酸水を使って、手軽にダメージ改善が可能です。

特に高価な炭酸水を用意する必要はありません。どこでも手に入れられる一般的な炭酸水を、風呂桶に入れます。シャンプー・コンディショナーなどで洗浄した髪を手で挟み込むように桶に浸して、5分ほど待ちます。髪を手で持って桶に浸す状態になりますので、お風呂用の椅子や浴槽を活用するなど、無理な状態を避けて座ってできる状態がベストです。5分ほど浸した後、ドライヤーで乾かすと、手櫛がスーッと髪をすり抜けて行くようなサラサラ感を実感できます。炭酸水が人の肌と同じ弱酸性であること、汚れを落としてくれる効果があること等から、ヘアケアに効果を発揮します。

美容院風ブローで温風のダメージを削減!

美容師さんから聞いたのですが、毛髪には流れがあります。その流れに沿って風を当ててあげるのが、ダメージを与えない乾かし方です。

乾かす前に、タオルでゴシゴシこするのはNG。水で開いた毛根に摩擦を加えることになってしまいます。

タオルドライは、軽く髪を押さえるように行う方が良いとのことです。タオルドライの後は、髪の流れに逆らわないように、後ろから風を当てて行きます。

パーマを当てている方やクセがある方はもちろんですが、ストレートヘアの方も、髪を巻きたい方に手で巻きながら温風を当てると、熱がその形を髪に定着させます。

ひとしきり乾いた後は、冷風で乾かしてあげると、それにより髪が乾かした時の形状を記憶する効果があります。

あまりお金をかけずにヘアダメージを改善させたい方、いまご紹介してきた方法でかかっている費用は、おそらく?100程度です。

日頃から意識してケアをするだけで、ダメージヘアは改善する!と言えます。